こだわり

創作ダイニング 旬風庵

 

シエフ 井出  皆さん初めまして!
 旬風庵のシェフ井手です。
 旬風庵は、京都ならではの町屋という風情ある民家を改装した、
 町屋スタイルの創作フレンチレストランとなっております。

 町屋ならではの風情ある空間でお召し上がりいただけるお料理は、
 京野菜を初め、金沢港から直送される活きた魚介を中心に全国
 各地より仕入れるシーフード。

 そして、お肉料理では国産ブランドの牛肉や豚肉、
 季節のジビエ(野生の鳥獣)など豊富に取り揃え、私がその日の
 イメージで調理致します。

 私が特にイメージし、大切にしているのは四季です。
 この四季という季節に応じた食材を使う事により、その食材の本来持っているパワーを最大限に
 感じて頂く事が出来ます。

 店名でもある『旬風庵』とはそれを意味しております。
 旬の風を感じて頂く料理と空間。

当店にご来店頂いたお客様に、この旬のパワーと町屋の雰囲気をご堪能いただき、
旬風庵でなければならない、と思って頂ける場をご提供いたします。

それでは、皆様に旬風庵ならではのお料理をお召し上がりいただけることを楽しみにお待ちしております。

                                          創作ダイニング 旬風庵
                              
オーナーシェフ 井手 弘昭

金沢港から仕入れる魚介をはじめとした旬の食材

 

新鮮な食材の数々 旬風庵の主役はなんといっても旬の食材たちです。
旬だからこそ感じて頂けるパワーがみなぎった食材を日々探し、仕入れております。

魚介は金沢港を初めとした全国各地より。
野菜も決して脇役ではありません。やはり京都だからこそ味わえる京野菜や、地野菜を
豊富に取り揃えております。
そして、お肉料理はメインを飾る重要な食材。
そんなメインにふさわしい、国産の牛肉や豚肉、季節のジビエ(野生の家畜)を
ご用意しております。

旬風庵だからこそ味わえる町屋の風情と旬の食材から出来上がるお料理を
最高の雰囲気の中お召し上がりください。

 

お料理が盛り付けられる器は陶芸家によるオリジナル

 

陶芸家によるオリジナル作品

旬風庵でお料理が盛り付けられる器は、陶器が中心です。

この陶器は、陶芸家が作るオリジナル作品のばかりで、非常に面白い形の器もございます。

 

前菜5種類が盛られる器は、えんどう豆をイメージしてた陶器となっており、陶器ならでわの味わいが
この町屋と言う雰囲気とマッチし、京都ならではの風情をお楽しみいただけます。

 

 

京都ならではの町屋スタイル

 

店内

京都ならではの町屋スタイル。

昔ながらの風情ある建物をレストラン風に改装しております。

 

1階と2階にお席をご用意しております。

また、お部屋によって微妙に異なる雰囲気をお楽しみいただけますので、
ご来店頂くたびに旬風庵の町屋フレンチをご堪能いただけます。

 

この町屋という雰囲気とフレンチの融合を是非お楽しみください。

 

蔵尾ポーク

 

蔵尾ポーク

旬風庵でご提供しております豚は、蔵尾ポークです。

 

蔵尾ポークとは滋賀県日野町の蔵尾さん達が愛情をこめて
育てておりますブランドポークです。

 

とても衛生的かつ大自然で育った蔵尾ポークの味は抜群の甘みを感じて頂けます。

 

左の写真は養豚場へ見学に行った際の写真です。